アービトラージとは

「アービトラージ(Arbitrage)」とは、日本では「裁定取引」とも呼ばれる、取引の方法の一つです。
アービトラージとは、割安な資産を購入すると同時に、割高な資産の売却を行って、リスクなしで差益を得ることができる取引です。
アービトラージは、どんな商品においても成立します――というのは、実際の市場では価格形成が非効率なため、理論的な商品価格が成立せずに、しばしば価格が「割高」「割安」となる現象が起こり得ます。そこで、将来において価格関係が正常化することを見込んで、割安な商品を購入し、割高な商品を売却する。その後、両者の価格関係が正常化した段階で、反対売買で清算することにより、差益を得るというわけです。
よって、アービトラージは、分断された市場間において、商品の価格差が生じてさえいれば、どのような商品でも成立可能というわけです。

アービトラージの概要

アービトラージ(裁定取引)とは、割安な資産を購入すると同時に割高な資産の売却を行って、その差益を得る取引です。
アービトラージの代表的なものには、株式市場における先物価格と現物価格の価格差を利用した取引が挙げられます。
アービトラージの成立の是非を判断するためには、まず先物の価格と現物の価格の比較が必要です。そして、算定された先物理論価格と実際の先物価格の間に乖離が生じている場合に、アービトラージが成立することになります。
アービトラージにおいては、先物理論価格が実際の先物価格を上回っていれば「割安」、下回っていれば「割高」と判断されます。そして先物が割安状態にある場合、アービトラージによって先物価格は上昇します。この価格調整は、アービトラージによって利益を上げられない状態、つまり適正な価格になるまで続くことになります。

アービトラージFX

密かにFXを行っている人が増えていますが、このアービトラージFXのほうが、利益を得やすいと切り替えている人が増えているようです。
アービトラージFXは、裁定取引を利用したFXの方法でも、比較的リスクが少なく、注文ボタンを押す前に利益が出るかどうか確認することができるのです。
トレードを頻繁にチェックしなければならないFXよりも、価格と金利を考えて、そこからどう売るかが簡単に決められるアービトラージFXが注目されているのです。
FXを必死にやっていても、なかなか利益が上がらなかったり、逆に損をしやすいので、手を引こうとしている人にはアービトラージFXはおすすめです。
もともとFXの魅力は少ない金額から始められる投資でしたが、アービトラージFXは、も同じで少ない金額から開始することができるようです。
なんといってもアービトラージFXは、売り買いの注文ボタンを押す前に、きちんと利益が上がるかどうかを確認できるのですから。

スポンサードリンク